PR

逃げ上手の若君はつまらない?面白いのか口コミや評判をまとめて紹介!

漫画

今回は、「逃げ上手の若君」はつまらないのか面白いのかの口コミや評判を的めいぇ紹介します。

「逃げ上手の若君」は週刊少年ジャンプで連載中で、2024年7月からはアニメの放送も予定されています。

そんな作品の口コミや評判はどうなっているでしょうか。

「つまらない」や「面白い」といった口コミや評判を見ていきましょう。

前作の「暗殺教室」以来となる連載で、アニメ化ということでも評価の高い作品なのでしょうか。

逃げ上手の若君がどのように評価されているのか、見ていきましょう。

では、逃げ上手の若君はつまらない?面白いのか口コミや評判をまとめて紹介!を見ていきましょう。

 

逃げ上手の若君の作品情報

作品名逃げ上手の若君
ジャンル歴史漫画
既刊数既刊15巻(2024年5月現在)
アニメ2024年7月放送予定
実写映画なし

逃げ上手の若君は、2024年5月時点で15巻まで発行されています。

また、アニメ化も決定しており人気である事がわかりますよね。

面白い、人気がある作品でなければアニメ化も無いと思います。

15巻位であれば、イッキ見するのにいいぐらいの巻数ですね。

 

逃げ上手の若君はつまらない?口コミや評判を紹介!

  • 展開が気にならない
  • ギャグとの相性が悪い

逃げ上手の若君の気になる口コミを紹介します。

つまらないなどの口コミや評判はあるのでしょうか。

 

展開が気にならない

今後の展開が気にならないほどつまらなさを感じる方もいるようです。

好みや相性もあるかと思うので、「逃げ上手の若君」が合わなかっただけなのかもしれません。

ただ、歴史ものはどうしても史実通りに進んでいくので、最終的にどうなるのか先が読めてしまうつまらなさはあるかもしれません。

 

ギャグとの相性が悪い

歴史漫画とギャグの相性が悪いと感じるというポストも見られました。

昔の人のしゃべり方や雰囲気などがあるので、現代的なギャグをみると違和感を感じるのかもしれません。

ギャグについても好みが分かれるかと思うので、難しいところですね。

 

逃げ上手の若君は面白い?良い口コミや評判を紹介!

  • 人物の解釈が面白い
  • きれいにまとめられている
  • 続きが気になる
  • 面白いと思ってもらえるような工夫がみられる
  • アニメも期待

次に、「逃げ上手の若君」が面白いのか口コミや評判を紹介します。

 

人物の解釈が面白い

登場人物は過去に実際にいた人物達です。

史実の人物が作者の解釈が加えられて登場しているのですが、その人物の解釈が面白いと感じる方もいます。

現代に生きる人は史実の人物の人となりを掴みにくいですが、漫画で解釈が加えられることで、読者自身の解釈も生まれそうです。

 

きれいにまとめられている

史実通りに、読者に伝わりやすく漫画がまとめられているという評価もあります。

学校で習うようなおおまかな部分だけではなく、細かい部分まで描かれるのは読者にとってありがたいですよね。

 

続きが気になる

史実通りであれば結末はある程度予想できるのですが、それに至る経過を漫画でどう表現するのか毎回楽しみになります。

また、このあたりの歴史に詳しくない人にとっては、主人公や周りの人々がどうなるのか分からないので楽しみになりますよね。

歴史好きにもたまらない作品になっているのではないでしょうか。

 

面白いと思ってもらえるような工夫がみられる

「逃げ上手の若君」を読んで歴史に興味を持った方もいるでしょう。

歴史を面白いと感じさせるような工夫を、読んでいて感じる方も多いようです。

お子様にもおすすめしたくなるような作品ですね。

 

アニメも期待

2024年7月からはアニメの放送も控えています。

声や動きが加わることで、より登場人物や時代背景などの理解が深まるのではないでしょうか。

アニメーションで主人公が動くので、「逃げ上手」な部分がより際立つかもしれませんね。

 

逃げ上手の若君がおすすめの人

  • 歴史ものが好き
  • 特異な方法で成功する主人公ものが好き
  • 作者の過去作にハマった

歴史ものが好きな方はぜひ読んでみてほしい作品です。

南北朝時代が特にという方はハマるのではないでしょうか。

主人公はなかなかマイナーな人物なので、歴史に詳しい方でも面白さを感じると思います。

「逃げること」っという少し変わったことが得意な主人公ですが、その方法で上手く生き残っていきます。

主人公にしかないような能力で成功を収めるような展開が好きな方にもおすすめです。

作者は「魔人探偵脳噛ネウロ」や「暗殺教室」の松井優征先生です。

「逃げ上手の若君」でも松井節は健在なので、過去作にハマっていたという方はこの作品も面白く感じるのではないでしょうか。

 

逃げ上手の若君に似ている作品3選

ここでは、「逃げ上手の若君」に似ている作品を3選紹介します。

気になる作品があれば、読んでみると面白いと思いますよ、

 

暗殺教室

作品名暗殺教室
ジャンル学園、青春、ブラックコメディなど
既刊数全21巻
アニメ
  • 第1期:全22話(2015年)
  • 第2期:全25話(2016年)
実写映画
  • 暗殺教室(第1作)(2015年)
  • 暗殺教室〜卒業編〜(第2作)(2016年)
  • 作者が同じ
  • ギャグの感じが似ている
  • 成長物語

まず、暗殺教室の作者は逃げ上手の若君の作者と同じです。

そのため絵柄も似ていますし、「不気味なキャラの笑顔」がものすごく似ています。

また、同じ作者だからか、ギャグのテンポ感などが似ているように感じます。

主人公が成長していくさまを描いているというのも共通していますね。

また、物語のラストや目標がはじめに示されているというのも同じと言えるでしょう。

 

新九郎、奔る!

作品名新九郎、奔る!
ジャンル歴史
既刊数既刊16巻(2024年5月現在)
アニメなし
実写映画なし
  • 時代が近い
  • 歴史上の人物が主人公
  • 歴史の流れを学ぶことができる

新九郎、奔る!と「逃げ上手の若君」は時代が非常に近い作品です。

鎌倉・室町あたりの時代が好きな方はチェックしてみるといいでしょう。

また、歴史上に人物が主人公になっているのも共通しています。

実際にいた人物なので、その人物について深く知る機会になりますね。

歴史の勉強にもなるでしょう。

 

バンデット

作品名バンデット
ジャンル歴史漫画
既刊数全6巻
アニメなし
実写映画なし
  • 時代が近い
  • 侍の戦いが見られる
  • 歴史への知見が増える

こちらの作品も時代が近い作品になっています。

鎌倉後期から室町初期の南北朝時代についての「太平記」が題材になっています。

このあたりの時代に詳しい方、気になる方はチェックしてみてください。

刀を使った迫力のある戦いが見られるのもポイントです。

こちらも歴史漫画なので、歴史の勉強になりますね。

逃げ上手の若君と合わせて読んでみると、より理解が深まるかもしれません。

 

逃げ上手の若君はつまらない?面白いのか口コミや評判をまとめて紹介!のまとめ

今回は「逃げ上手の若君」はつまらないのか、面白いのかといった口コミや評判を見ていきました。

歴史ものということで好みが分かれて「つまらない」と感じる方もいるようですが、多くの方が面白さを感じています。

「逃げ上手の若君」は、史実通りに進んでいるので結末は予想できますが、それに至るまでの過程や登場人物の掘り下げなどが面白いです。

歴史ものが好きな方はぜひ「逃げ上手の若君」を読んでみてください。

「逃げ上手の若君」はアニメも放送されるので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね。